活動案内

BUSINESS GUIDE

当会議所の40周年の節目の中、今年で32回目を迎えた本事業も大きな問題・事故無く開催する事ができました。初日のウェルカムパーティーでは子供達は、お互い交流し、次の日の試合に向けての意気込みを語り、絶対勝つぞという決意を感じました。今大会は建国大学校師範大学付属中学校と京都ライオンズボーイズの強豪同士の対決で、前評判通り、実力伯仲の勝負を繰り広げ、そして第二試合の両国混合チームでは言葉が通じずとも心で通じ合い、お互いに声援を送りあう試合を見た時は、韓日両国友好の更なる発展を確信することができました。懇親会ではお互いのチームが試合の時には見れなかった顔で交流し、アトラクションを出し合い、会場を大いに盛り上げてくれました。そして最後に40周年メモリアルエンドロールを上映した時は両チーム選手、両チーム選手団関係者、マポ西ソウル青年会議所の皆様が大いに喜んで頂き、感謝の言葉を頂きました。また、後日映像を見たマポ西ソウル青年会議所の事務員さんが感動して映像をYOU TUBEに投稿されました。本大会開催にあたり、お忙しい中、3日間通じてご参加・ご協力を頂きました会友の皆様、40周年というプレッシャーの中、支えてくれた委員会メンバーの皆様、事務員の金さん、そして40周年という特別な年に委員長に任命頂いた金成和会長に感謝いたします。最後に、近年は経験豊かなメンバーが卒業し、私含めた経験の浅いメンバーが増えていく中ではありますが、「子供達の為に」という共通の想いのもと、当会議所メンバー全員で子供達に一生心に残る思い出をプレゼントできたと確信しております。           青少年教育委員会委員長  鄭康二