活動案内

BUSINESS GUIDE

場所:わかさスタジアム京都・お宿 いしちょう 他

日付:2018/8/2(木)~4日(土)

 

諸先輩方が築きあげてきた一大事業でもあります「韓日親善少年スポーツ大会」は今年で33回目になり、本年度は韓国から彦北中学校を迎えることになりました。

初日のウェルカムパーティでは、緊張していた子供たちでしたが、次第に打ち解けていき次の日の試合に対する意気込みなどを語ってくれました。今大会がはじまるまでに日本は大阪北部地震や西日本豪雨に見舞われ、更には猛暑日が続き開催できるかが不安でした。当日、暑さはございましたが天候にも恵まれ無事開催することができました。

2日目の試合では両チームとも白熱した試合を見せてくれました。今年は大会昼食時のお弁当を民団京都府地方本部から協賛していただき、すごくボリュームがあり美味しいというお声もいただきました。午後からの韓日混合チームでは言葉は通じなくても一丸となり全力プレーをしている姿に感動致しました。懇親会では、初日とは違い子供たち自ら交流している姿を見て、ここまで準備してきた良かったなと凄く嬉しい気持ちになりました。昨年同様、エンドロールを上映した際、子供たちは真剣な眼差しで見てくれました。        3日目は麻浦西ソウルJCのご要望もあり大阪観光と買い物をしたいとのことでしたので、道頓堀に行きました。子供たちはたくさんお土産を買っていて、事前にリサーチしていたのか行きたいお店などを教えてくれたりして、買い物を楽しんでくれました。 この3日間という短い間でしたが、私にとってすごく充実した時間を過ごすことができました。そして子供たちにとっても忘れられない夏の思い出としていつまでも残ってくれることを願っています。                                      最後になりましたが、本大会にあたり多大なるご協力をしていただきました、関係機関の皆様方、特友会の諸先輩方、会友の皆様に感謝しております。そして3日間通じてご参加、ご協力をしていただきました会長団の皆様、事務員の金さん、委員会のメンバーの皆様、頼りない委員長を支えていただきまして本当にありがとうございました。                                             

青少年教育委員会委員長  後藤寛